読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釣りキチおじさん

今回はあんまりにもあんまりなのでほぼ写真がありません。
転送量に優しい軽量ブログです。

9/16日昼。

納期が迫る中、チーム白豚Aより
『そろそろ遠征に行っても良いのではないか』と連絡あり。

確かにここ最近は妙典やら若洲やらの近場が多かった。
デミオが直ってきた事もあるので、久々にチーム白豚を集結させ、
釣りに出かける事にした。

目的地は三崎港。
今までPB(パーフェクトボウズ/一匹も釣れないこと)がない場所なので、
久々の遠征にはもってこいだ。

だが、デミオおじさん突発的に横須賀に行きたくなり、
横横道路を衣笠で降り、三崎へと向かう道と逆へ移動する。
土地勘の全く無いチーム白豚はそんなことには気がつく様子もなく、
和気藹々と爆釣の夢を語っている。

そしてうみかぜ公園到着。
ここは24時間釣りの出来るスポット。
前々回くらいの釣行で、遠投カゴ投げでアジをつり上げた所だ。

まだ日が昇る前なので、あたりは真っ暗。
そんな中で仕掛けをセッティングし、いざ、遠投!

と思ったら、バキンと大きな音とともに仕掛けが真上から目の前に落下。
猛烈にイヤな予感がし、釣り竿の穂先を照らしてみると、
モロに一番ガイドから2センチ下で折れていた。

遠投用の竿を自分のミスで失ってしまったデミオおじさん、
この時点でやる気8割減。
しかも目の前を地元のおじいさまが裸で泳ぎだし、
釣りなど出来る状態ではなくなる。
帰ろうかなぁなんて思い始めるが、ちょうどその頃朝日が昇りだし、
もしかしたら釣れるかも知れないし、
足下サビキでもしてお土産を持ち帰ろうと考え、
白豚を牽引し隣の「うみべ釣り公園」へと移動する。

時間は朝5時。
うみべ釣り公園は5時開園。つまり開園直後だ。
まあ連休初日なので、ある程度の人数は覚悟していた。

だが、公園のゲートをくぐってゲンナリ。
最早釣り場はすべて埋まっている。
管理棟の真裏のみがかろうじて空いており、
そこで釣りをすることに。

1時間ほど餌を海に投げ込む遊びをしていたが、いっこうにアタリはない。
チーム白豚誰もがアタリがない。

これは、大失敗だ。
そう気がついたときには、一度目の帰還タイムになってしまっていた。
結果、9/17日 PB。

翌日18日も白豚のAと釣りをする約束をしていたが、
猛烈にFUKIGENな二人はいい年ブッこいて車内で口論。
水曜どうでしょうの一番酷い回くらいのレベルでの罵倒合戦ののち、
落ち着いて和解。
とりあえず翌日(と言うか数時間後)に備え仮眠する。

18日朝。
目的地は『大井埠頭』。ターゲットはハゼ。
最早魚が釣れなくなり、ハンター廃業を考え出したリターンおじさん、
この時期バカでもアホでも釣れると言われるハゼを釣り上げ、
カンを取り戻す作戦に出る。

朝三時半。グッスリ寝ていたら白豚Aから電話があり慌てて跳ね起きる。
そして寝る前にセットしておいたハゼ釣りタックルを抱え家を飛び出し、
NCさんのカバーをはずそうと思うが、思いとどまる。

天気予報士に憧れる私は、おそらく九時前後に雨が降ることを予想し、
急遽乗り物をデミオに変更。

大井埠頭に到着。三連休中日とはいえ、バカみたいな早朝なので
車の流れは順調、予想より早く到着した。
さっそくハゼ釣りを開始するデミオおじさんと、セイゴ狙いの白豚A。

昨日の今日でまだ少しわだかまりの残る二人はちょっと距離を置き、
仕掛けをポイントに投げ込み始めた。

デミオおじさん、第一投から大体15分。
まったくアタリがない。またしてもPB?と思い、苛立ち始める。
が、やっとアタリがあった。
この日の餌はやっと素手で触れるようになった青虫ではなく、
ホタテ。ボイルホタテの貝柱。
こんなモンで釣れるんかなぁと半信半疑ではあったが、
それでも実際釣れたので、苛立ちが吹き飛ぶほどに驚いた。

そしてそこから連続してハゼが釣れ始める。
バカでもアホでもなかったことが証明され、ホッと胸をなで下ろした。

その姿を見ていたのか、白豚がバツが悪そうに近づいてきて、
隣でハゼ釣りを開始。
結果私は26匹、彼は5匹の合計31匹をつり上げ、朝七時五十分に
撤収した。
とりあえずPB回避出来たことで気が緩み、
帰り道は二人仲良く会話し帰宅。

そして自宅につき、ハゼをさばくことに。
鱗とぬめりを取ろうと水道で洗う……と、
氷〆したと思い込んでいたハゼが数匹暴れだし、おじさん少し驚く。

もう一度しっかりと氷〆しなおし、ハゼの調理を開始した

f:id:ninetails09:20160918152041j:plain

掻き揚げと天ぷらの支度をし、釣り具のメンテと部屋掃除まで終わらせ、
納期が迫った仕事を再開する事にした。

40オジンの大人げない休日、おわり。