読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九月末のおじさま その1

九月二十四日 朝四時。天気:曇り


土曜日の早朝。
いい加減、我ながらどうかしてるとすら思ってしまうが、釣りの為早起きする。

今日はチーム白豚は率いず、単独での釣りを行う事にした。
理由としては、まだ訪れていない釣り場「本牧釣り施設」を偵察する為。

偵察する理由は下記の通り。
白豚を連れて行って、ポイントも分からず闇雲にエサをばらまいたあげく、
PBでは目も当てられないし、なによりここ最近釣れなくて、
喧嘩が増えているので面倒だから一人で行こうと思ったこともある。

ということで、バイク釣行の為に、出来るだけコンパクトにまとめた
タックルをNCのホムセン箱に詰め、朝四時二十分自宅を出発。

カーナビタイムのナビ通りに進むと、朝五時三十五分ほどで到着するようだ。

ということで安全運転で移動開始……と思いきやいきなり雨がぱらつき出す。
ここまでは、NCさんで出かけるのだから想定内だと気にせず出発した。

で。

またしてもETCのゲート開かず。
ここ最近何度か遭遇しているこの状態。
朝早くだから今のところ事故などにはなっていないが、
毎回毎回これで心臓に悪い。真っ昼間なら追突されてしまう可能性もある。

※そろそろなんとかせねばと思い、自宅に帰ってから、
ETC専用のICチップの当たる部分をクリーニングするキットを購入した。
一千九百八十円なり。ETC2.0に付け替える前に、これで復活したら安いモノだが、
ダメなら今のETCはきっぱり諦めようと思う。


で、カードを取り外し財布から小銭を移しつつ、
ゲートの写真を撮ってみた。

f:id:ninetails09:20160926001801j:plain

暗い。ブレブレ。最悪の写真だ。

気を取り直し本牧へと移動再開。
到着。途中でETCトラブルがあったものの、予
定時間より+5分ほどの、五時四十五分ほど。

開場15分前に到着したので余裕だろうと思ったが、驚愕。

f:id:ninetails09:20160926001803j:plain

f:id:ninetails09:20160926001802j:plainこの行列だもの。

釣りブームは終わったと言われて久しい様だが、
これを見る限りそれは嘘なのでは? と思ってしまう。
ちなみに駐車場は既に満車。デミオさんで来ていたら、
無表情で引き返していただろう。

本牧釣り施設は午前六時開場(季節により変化します)。
列が進み始め、釣り場へと移動する。

ここでのポイントは、ネットの情報で見る限り「沖桟橋」での
青物(サバやイワシ、アジなど)の回遊を狙うのが良いらしい。
おじさんはこの日はサビキ仕掛け(割と簡単に釣れる仕掛け)を持ってきた。

f:id:ninetails09:20160926001804j:plain

写真の右奥が沖桟橋。
この時点でもう釣り場はない状態。完全に出遅れたーと思いつつも、
沖桟橋への通路でも釣りが出来るので、桟橋側の方で釣り開始。

結果はイワシ42匹、豆アジ9匹だった。
途中で一匹、大きなアジ(20~25センチほど)が当たったのだが、
釣り上げる最中にバラしてしまい、入手することは出来なかった。残念。

11時になったので自宅に戻る。
勿論、NC+おじさんなので案の定雨が降り出す。
しかも結構強く。雨男確定だ。

自宅についてすぐに魚をさばき、イワシは刺身(のようなもの)と、
奥さんの希望に沿い、アジとイワシのなめろうをこさえた。
なめろうが思いの外絶品で驚いた。

土曜は、こうして終わった。
九月二十五日 日曜に続く。